電力の小売全面自由化とは?

2016年4月1日から、これまで各地域で決まった1つの電力会社しか行えなかった、家庭や
小規模事業所向けの電気の小売販売への新規参入が可能になります。これにより、すべての
家庭や事業所で、自由に電力会社や料金メニューを選択できるようになります。
新規参入者として登録された事業者の一覧は、下記の「登録小売電気事業者一覧」ページから
確認できます。

ただし、消費者保護のため、自由化後も少なくとも2020年4月までは、引き続き今と同じ
電力会社・料金メニュー(規制料金メニュー)でも電気を買える制度となっています。
(自由化後も今と同じ規制料金メニューを継続する場合には、特段の手続は不要で、
自動的に契約が更新されます。)

また、自由化で期待される効果、実施スケジュール、一般的なご不安(電力会社を変更しても
停電しやすくなったりしないこと、消費者保護について等)に関する制度の概略を、以下の
資料に記載しています。
[引用元:経済産業省 資源エネルギー庁HP]

当社が扱う新電力(PPS)は高圧(50kW以上)を対象としている事業者ですが、2016年の
電力小売全面自由化の概要が発表されていますので、YCSでも取り上げてみました。

各地域の決まった1つの電力会社というのが、例えば東北電力など大手10社を指しますが、
2016年4月1日からはその他の電力会社からも、自由に電気を買う事が出来る様になります。
ただし、新規参入した小売電気事業者から電気を買う場合には、料金やサービスだけでなく、
事業者の会社規模や経営状況も調べたうえで、慎重に選ぶ心構えが大事でしょう。
増えるだけ増えて、採算が合わないと一方的に契約を解除する様な事業者では困ります。

電力自由化

 

 

 

 

 

 

 

[参考:経済産業省 省エネルギー庁HP]

12月現在、届け出をしている新電力(PPS)はなんと700社を軽く超えていますが、
実際に需要家に電力を供給した実績があるのは100社程度に過ぎません。
東北では19社が供給の実績がありますが、2016年4月からの自由化部分も対応すると
表明した新電力は全てという訳ではなく、東北に普及するのは少し先になりそうです。

尚、小売電気事業者として100社以上が登録しており、新電力(PPS)として実績が
ある事業者の他に、通信業者や通販業者、エネルギー関連業者が参入しています。
今後、ガス料金や通信料金とセットになったお得な商品も多く出回ると思われるので、
しっかりと内容を見極め、賢く安い料金を自ら選べるように、情報収集に努めましょう。

世界の電気料金を比べてみたら 電力小売自由化研究ノート