経済産業省は、「蛍光灯を2020年に禁止する」という一部報道に端を発した誤解に
対し
「政府が強制的に禁止するのではない」ということを表明。
蛍光灯や白熱灯、LEDを含む照明全体で省エネ基準である省エネトップランナー制度を
採用するということを明らかにした。
照明の省エネ規制については2015年11月26日に開催された「未来投資に向けた官民
対話」の中で話題にのぼった。

安倍首相:「住宅の省エネを促進してまいります。2016年度にトップランナー制度を
白熱灯へ適用します。
2020年までに、ハウスメーカーなどの新築戸建の過半数をネット・ゼロ・エネルギー・
ハウス化するとともに、省エネ・リフォームを倍増させてまいります」

上に示したように、安倍首相の談話では、照明関係では白熱灯に言及しただけだったが、
一部報道で「2020年に蛍光灯が禁止」と報道されたことにより、騒ぎが巻き起こっていた。
同Webサイトでは、あらためて「政府が強制的に蛍光灯を禁止するわけではない」ことを
説明。
ただ一方で照明の省エネルギ―化を進めていくために、「省エネトップランナー制度」の
対象としていく方針を示した。

[引用元:スマートジャパン 蛍光灯は強制的に政府に禁止されるわけではない]

この話題をニュースで知った時、最初は驚いたのですが、しっかりと記事を読めば、
白熱球についてトップランナー方式よる基準を作って取り組んで行こうという話です。
蛍光灯が廃止という話に飛躍した理由は定かではありませんが、ひとまず一安心です。

しかし、記事にもありますが、蛍光灯等に対してLED照明が有利なのは疑い様がありません。
今後、画期的な照明が発明されるか、やはり将来はLED照明オンリーになるのか気になります。
すぐに蛍光灯が無くなる訳ではありませんが、現状ではLED照明を選ぶのが無難の様です。
蛍光灯もだいぶ省エネタイプが出ていますが、LED照明の寿命の長さは魅力があります。

LED照明は、確かに省エネや発熱が少ないなどの特徴はあるものの、外部からの熱には弱い、
極低温では点灯しないという欠点を持っているので、用途によって蛍光灯に分があります。
今後、従来のガラスを使用した照明の良い所も持ったハイブリッド照明、LEDに近い性能を
持ち、初期費用が安いCCFL照明などの普及に少し期待しています。

図解入門よくわかる最新LED照明の基本と仕組み[第2版] (How‐nual Visual Guide Book)