ユーラスエナジーが秋田県の南部にある由利本庄市(ゆりほんじょうし)に建設を進めて
いた「ユーラス由利高原ウインドファーム」が2015年12月18日から稼働を開始した。
2009年1月から開始した約5年間の環境影響評価も含め、約7年で稼働に至った。

同ウィンドファームは日本海沿岸から約5キロメートルほど内陸に入ったところに位置
している。ここにシーメンス製の17基の大型風車を並べて設置する。1基当たりの発電
能力は3MWで、最大51MWの電力を供給することができる計算だ。年間の発電量は一般
家庭で3万世帯分に相当し、同時に年間約5万 7000トンのCO2削減効果も見込める。

既に秋田県内ではユーラスエナジーが運営している3つの風力発電所が稼働している。
一番北にある「田代平ウィンドファーム」(出力 7.65MW)、中部の秋田港にある
「秋田港ウィンドファーム」(同18MW)、南部にある「西目ウインドファーム」
(同30MW)の3カ所だ。今回稼働を開始したユーラス由利高原ウインドファームは、
秋田県内で最大規模の風力発電所になる。これら4カ所を合計すると秋田県内だけで
風力発電の規模が106.65MWとなる見込みだ。

[引用元:スマートジャパン 日本海の風を3万世帯分の電力に、秋田県に~風力発電所]

今年、国道7号線を通って秋田県に仕事で行く機会が何度かありました。
山形県でも庄内町や酒田市に風力発電所がありますが、秋田県内の国道を車で走っていると、
あちらこちらの山に風力発電所があるのをよく見かけて気になっていました。
秋田県は、以前から日本海からの風などの再生可能エネルギーを有効利用しているそうで、
今回の記事にある発電所でも、なんと3万世帯分もの家庭に送れる電力を作り出せるそうです。

今後、地方によって異なる地形的な特徴を生かして、風力や太陽光、バイオマスなどの再生
可能エネルギーを利用した多くの発電所が各地に建設される事が予想されます。
山形県は、雪国で多少不利ながら、空いた土地の有効利用で太陽光発電設備を建設しています。
県が目指す「卒原発」と、エネルギー戦略に掲げる「地産地消」と「供給基地化」の実現に向けて
新たに「やまがた新電力」も設立され、雪国ならではの電力産業になるのを期待しています。

※とはいっても、「やまがた新電力」は、買い取り価格と売電価格はしばらくの間、東北電力と
同じ程度の価格に設定して競争しない事が決まっているそうで、当面は県有施設のみの供給です。
県では新電力の目的として以下の様な理由を説明しています。
・電力の地産地消
・地域経済の活性化
・災害対応力の向上
原発などの県外の電源に依存せず、県内で発電した電力を県内で消費し、地域経済活性化と停電時の
危機管理を考えての構想らしいですが、当面は「誰が得をするのか」が論議の対象になるでしょう。
しかも、契約する発電事業者の売電先、県有施設の電力供給元は東北電力から切り替える前提で、
単に東北電力から顧客を奪う形になるだけで、「県民の為の新電力?」にはまだ遠い話の様です。

余談ですが、記事内にある発電所の写真を見て、「あの日からのマンガ」(しりあがり寿:著)の
中にある画をつい思い出してしまいました。興味がある方は見てみて下さい。
原発のその後、未来のエネルギー構想など、いろいろな思いが頭に浮かぶ記事でした。

図解入門ビジネス 最新再生エネビジネスがよ~くわかる本