広告代理店の博報堂が電力の小売自由化をテーマに実施したアンケート調査によると、
電気料金が安くなれば電力会社を変更する意向がある人は6割を超えた。
新しいサービスで利用意向が最も高いのは長期契約による割引メニューで、ガスとの
セット割引やポイントサービスの関心度も高い。

博報堂のエネルギーマーケティング推進室が全国1000人を対象にした電力小売自由化の
アンケート調査を毎年実施している。2015年11月に実施した最新の調査では、自由化を
機に電力会社を変更する意向のある人は回答者の7割を超えた。1年前の調査時と比べる
と64.0%から70.3%へ6.3ポイント増えている。
自由化の認知度が高まるにつれて、変更したいと考える比率が上昇してきた。

電力会社変更

※電力会社の変更意向(数値は%、回答者数は1000)。出典:博報堂

電力会社を変更する意向がある人のうち、「電気代が今と一緒でも変えてみたい」と
回答した人は3.8%にとどまるが、「電気代が今より安くなるのであれば変えてみたい」
と回答した割合は66.5%にのぼった。一方で「電気代が安くなっても変えてみたいと思
わない」という“現状維持派”は8.7%で、1年前(9.0%)とほぼ同じ割合を占めている。

変更意向のある703人の中では、「自由化後すぐに変える」ことを検討している割合は
17.5%だった。前年の調査では17.2%で、比率はほとんど変わっていない。
それに対して「最初に変えた人の様子を見てから変える」と回答した“横にらみ派”が
47.1%にのぼる。1年前(49.2%)と比べてわずかに減ったものの、すぐに変更に踏み
切らない層が全体の約半数を占める状況は続いている。

利用意向

※新しいサービスの利用意向(画像をクリックすると拡大。数値は%)。出典:博報堂

[引用元:スマートジャパン 電気料金が安くなれば電力会社を変更する割合~]

「電気代が今より安くなるのであれば変えてみたい」と回答した割合は66.5%となっています。
自分ならどうするか?変える事のデメリットは特に思い浮かびませんが、小売電気事業者が
多すぎてどこを選んで良いものかさっぱりわからないのが正直なところです。

携帯電話系?通販系?それとも無難にエネルギー会社系?既存の電力会社でもポイントが付く
サービスを提供すると発表されているので、どこが良いか選択がとても難しくなっています。
そこで役に立つのが、価格comやエネチェンジ電力会社.netといった価格比較サイトです。

おすすめ電気小売事業者、それぞれのメリットやデメリット、ただ安いだけなのかポイントが
付くのか、比較サイトの数が多くなり、事業者選びに迷った時に心強い味方になってくれます。
切り替えシュミレーションも充実しており、簡単に切り替えの試算ができるのが良いですね。
電力全面自由化の本番の4月1日にはしばらく時間がありますので、じっくり検討しましょう。

かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門 (NextPublishing)