2016年4月から小売電力市場に参入する昭和シェル石油が料金プランを発表した。電気契
約を結ぶと東京電力管内で給油した場合、ガソリンなどの 価格が1リットル当たり最大10円
引きになる。月に600kWh以上の電力を使った場合、電気料金も1kWh当たり1円安くなる。

昭和シェル石油は2016年4月からの電力の小売全面自由けに向け、東京電力管内の一般家庭
を対象とした電気料金プラン「給油時にガソリンが10円/L安くなる(以下、ドライバーズ
プラン)」を発表した。同年3月1日から同社系列のサービスステーション(以下、SS)や
Webサイトで申し込み受付を開始し、4月1日から販売を開始する。

同社が発表したドライバーズプランは、自動車の利用頻度が多いユーザーをターゲットにし
ている。ドライバーズプランを契約する際に登録したクレジットカードを使い、東京電力管
内の同社系列SSにおいて給油代金を支払うと、ガソリン(レギュラー、ハイオク)の価格が
1リットル当たり10円、軽油であれば5円が割引になる。現金支払いの場合でも、Pontaカー
ドの利用による割引を適用可能だ。給油代金の割引上限は1カ月につき最大100リットルま
で。つまり給油代金のみでは、最大で年間1万2000円お得になる仕組みだ。

電気料金については、現行の東京電力のプラン(従来電灯B・C)と同じである。しかし月の
使用電力量が600kWh(キロワット時)以上になる場合は、1kWh当たりの料金単価が東京
電力の現行プランより1円安くなる。例えばレギュラーガソリンを毎月100リットル給油し、
月の平均使用電力量が700kWhの家庭であれば、最大年間2万400円お得になる。

料金プラン

※ドライバーズプランによる割引額のモデルケース 出典:昭和シェル石油

[引用元:スマートジャパン 電気契約でガソリンを10円引き、600kWh超で東電より~]

当面は東京電力管内でのサービスとなりそうですが、全国展開される事を期待しています。
日頃、仕事の移動にはほとんど車なので、ガソリン代が10円引きになるというのはとても
ありがたく、Pontaカードも利用出来るとなると、魅力的なサービスと感じます。

石油系、携帯会社系、他にも各社特徴がある料金プランを発表していますが、ほとんどが
「セット割」なので、良く使う他のものと組み合わせるのが一番良さそうです。
車を良く使う人は石油系、携帯の使用が多い人は携帯会社系、家庭でインターネットを多
く使う人は通信系といった具合にもっとも得しそうな事業者を選ぶと良いでしょう。

2017年には都市ガスの自由化も控えており、家庭で毎月支払っている様々な料金をまとめ
ていくら、というようなサービスが登場するかもしれません。
「料金の支払い先を一本化する」事が出来るとして、支払いが一回で済む反面、一度に高
額の料金を支払うことになり顧客に大きな負担をかけてしまいます。
今後、お客様目線のより良いサービスが提供される事を切に願っています。

最新 業界の常識 よくわかる石油業界