ラーメン店を展開する幸楽苑は、コスト削減策の一環として、新電力の採用とLED照明の
導入を拡大することを決めた。

ラーメン店「幸楽苑」を展開する幸楽苑は電力コストの削減に取り組む。幸楽苑は2015年
5月に、それまで強みとしていた「290円ラーメン」を中止し、収益性を重視した取り組み
を強化する方向性へと移行。「価格」より「価値」を重視した商品政策に切り替え、地域限
定商品の導入などさまざまな取り組みを進めている。これらの客単価改善への取り組みに加
えて、既存店舗のコスト削減策として、新電力を採用するとともに、LED照明の導入を広げ
ることを決めた。

新電力については、電力の調達先を大手電力会社から、より価格の安い新電力に切り替える。
調達先はエネットと伊藤忠エネクスで、2016年4月から全国333店舗(高圧受電契約店舗)
と、郡山、小田原、京都の3つの工場において、切り替えを進めていく。これにより年間約
6000万円のコスト削減を実現するという。

[引用元:スマートジャパン 「290円ラーメン」を止めた幸楽苑、新電力とLED~]

幸楽苑の目玉だった290円ラーメンは、営業で外を回っている時に時々食べていました。
小腹がすいた時に安くお腹を満たしてくれるので、ありがたかったのを覚えています。
この安くお得なメニューは、お店の収益性という面ではどれだけ貢献していたのでしょう。

商品を販売するということは、仕入れ、調理、配膳と多くのコストがかかっている訳ですが、
見合った収益を上げられるかは、顧客のニーズに合う人気メニューにする必要があります。
価格が安ければ顧客が満足するという発想から、「より美味しいもの」で顧客を満足させる方
向への転換は、時代の変化に合った改善なのかもしれません。

さらに、経費をかけずに電気料金を削減できる新電力への切替えと、日々かかる電気の消費を
抑えることができる照明のLED化は、余計な経費を減らす事で、魅力的な商品への注力を可能
にし、商品そのもので顧客満足度を上げてファンを増やす効果も期待できるでしょう。

経費削減は、無駄を無くし利益を確保するという面と、限られた経営資金を商品開発や店舗
経営にシフトする面とさまざま考えられ、今回のケースは評価に値する経営判断だと考えます。

ピンチをチャンスに変える考え方 from 飲食の戦士たち