シャープはZEHを軸とした家庭向けのエネルギー関連ソリューションを強化。
「蓄電池連携家電」シリーズなどに加えて、新たにコンパクトで設置が簡単なクラ
ウド蓄電池の新製品を投入し、蓄電池導入のハードルを下げる方針だ。

シャープは、エネルギー関連製品を単品ではなく、エネルギーソリューションとして
提案する取り組みを強化。「ZEH(ネットゼロエネルギーハウス)実現」を提案の軸に
据え、太陽光発電、クラウド蓄電池、クラウドHEMS、エコキュート、さらには蓄電池
連携家電まで含めたホームエネルギーソリューションを訴える。

ZEHとは、家庭内の消費エネルギーより、家庭内で作ったエネルギー量の方が多くなる
家のことを示し、政府では「2020年に標準的な新築住宅(の過半数)でZEHを実現する」
としている他、「2030年には新築住宅(の平均)でZEHを実現する」という方針を示し
ている。これらをより手間なく低コストで、実現するためには、家庭内のさまざまな
省エネ技術や創エネ技術の進歩とともに、これらを組み合わせてエネルギーを最適に
蓄積し活用できるようにすることが求められる。

クラウド電池
クラウド蓄電池システムの全体イメージ 出典:シャープ

既に同社では、クラウドHEMSやクラウド蓄電池システムとともに、蓄電池と連携して
エネルギーをかしこく使うことを目指した「蓄電池連携家電」シリーズを展開。第1弾
として2015年12月に直流電力と交流電力の両方を利用可能なエアコン「DCハイブリッド
エアコン」を発売。さらに、2016年夏には第2弾製品として、蓄電池と連携し、停電時
でも蓄電池の電気を活用して運転できる「非常時対応冷蔵庫」も投入するなどライン
アップを強化していく方針だ。

[引用元:スマートジャパン 「蓄電池連携家電」を強化するシャープ、ZEH提案を中心に]

いろいろあったシャープですが、今までの太陽光発電の実績と貢献はけして色あせるものでは
ありません。今後は、太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムを展開します。

天候に左右されやすい太陽光発電ですが、以前から、蓄電池と組み合わせて、使わない電力を
蓄電し、発電しない夜間の使用に回せればエネルギーコストはゼロにすることも可能でした。
しかし、太陽光発電設備の価格が下がっても、蓄電池の価格の下落は追いつかず、なかなか
普及していなかったのが現実でした。

ここにきて、各社は「低価格・大容量」な蓄電池の開発を進めていることもあって、低価格で
購入できる様になり、市場が大きく動き始めていると感じます。
また、導入に際しては補助金の活用も可能で、ますます普及に拍車がかかるでしょう。

「自分の家で発電し、余剰電力を蓄電して後で使用する。」といった、従来蓄える事が出来な
かった電気を蓄電出来るこれらのシステムの市場規模は、毎年1.2倍~1.5倍の伸びを見せてお
り、今まで太陽光発電設備しか持っていなかった住宅にも設置が進むと予想されます。

自分で作る蓄電型発電所 1kW独立型太陽光発電―付・雨水の飲料水化