NTTスマイルエナジー(大阪府大阪市)は13日、これまでの電力会社の電気料金とほぼ
同額で、昼間の時間帯に太陽光発電(FIT電気)100%で供給する電力プラン「太陽の
でんき」の提供を5月中旬より開始すると発表した。

太陽光発電の遠隔モニタリングサービス「エコめがね」のオーナー向けに、同社と新電
力最大手のエネットが共同でつくりあげた電気プランとして、全国の販売パートナーを
通じて販売する。サービスの対象は沖縄と一部離島を除く地域。

あわせて、顧客の契約を代行する太陽光発電の販売会社を販売パートナーとして募集す
る。その説明会を4月21日より全国で順次開催する。この電力プランへの申込みは、NTT
スマイルエナジーと業務委託契約を締結した販売パートナーを通じて行う。

FIT電気販売

また、独自のポイントサービスも実施する。家庭に設置されている太陽光発電でつく
られ、消費しきれなかった電気は系統を通じて電力会社へ売電され、系統でつながっ
ている近隣地域で消費される。NTTスマイルエナジーはこの売電を「太陽光の電気の
おすそわけ」と捉え、日中に省エネすることでおすそわけを増やしてもらうことを
応援するために、売電量(「エコめがね」にて計測された)に応じて電気代の支払
いに利用できる「エコめがねおすそわけポイント」として付与する。

[引用元:環境ビジネスオンライン 全国の住宅用太陽光発電からあつめたFIT電気~]

約8,000カ所ほどある小規模の太陽光発電から電気を調達する(FIT電気)のが特徴です。
このサービスは、合計約27万kWと言われる全国にたくさん建設された小規模の太陽光発
電設備から、FIT電気を調達して、昼間(8:00~16:00)の時間帯にFIT電気(太陽
光)100%を需要家に供給します。電力の供給元が全国各地に分散している為、どこかの
地域の天候が不安定でも、安定してFIT電気(太陽光)を調達できるメリットがあります。

再生可能エネルギーが普及し、原発がいるとかいらないとの議論がありますが、実際は
現在、日本の電源として電力を供給している電源として、太陽光発電の割合はわずか数%
に過ぎず、それ程多くはなかった訳です。将来的に、政府が目標として設定した2030年の
電源構成においては、割合を7%まで引き上げる方針が示されています。

電気は自給があたりまえ オフグリッドで原発のいらない暮らしへ