小売の全面自由化が始まって2週間が経過したにもかかわらず、東京電力のスマートメーター
の設置状況が改善できていない。3月末の時点で17万台 の設置が遅れたうえに、4月以降
対応が追いつかず、半年後の9月に解消できる見通しだ。その間に契約を変更した場合には
最大で2カ月の遅れが生じる。

あまりにもひどい状況が続いている。東京電力の管内でスマートメーターの設置が大幅に遅
て、契約を変更した需要家の多くが本来のサービスを受けられずにいる問題だ。事態を重
く見た経済産業省が2月29日、3月22日、4月8日と3回にわたって東京電力に報告を求めた
が、そのたびに遅延の状況が拡大している。

新たに4月1日に発足した東京電力パワーグリッド(東京電力の送配電部門が分社)が4月12
日に済産業省に最新の状況を報告した。その内容を2日後の14日になってウェブサイトで
公表する遅い対応に、社内の混乱ぶりが見てとれる。

報告によると、3月17日までに契約変更が成立していた38万5000件のうち、3月31日までに
マートメーターの設置を完了できたのは21万4000件にとどまった。残る17万1000件の設
置は4月1日以降にずれ込み、需要家と小売電気事業者の予定を狂わせる状況が生じている。

スマートメーター交換状況
※スマートメーターの設置状況(4月12日時点)。出典:東京電力パワーグリッド

経済産業省は4月1日から始まった小売の全面自由化に先だって、電力会社に対しては需要家
契約変更からスマートメーターの設置まで原則2週間以内で済ませるように要請していた。
これに従うと3月17日までに契約を変更すれば4月1日の全面自由化に間に合うはずだった。

しかし東京電力が契約変更に伴って必要なスマートメーターの設置を3月に完了できたのは合
で18万6000台に過ぎない。第1回目 の報告(3月2日時点)で計画していた23万台から4万
4000台も少ない状態だ。設置工事の人員を大幅に増強したにもかかわらず、1カ月前の計画か
さらに遅れている。

[引用元:スマートジャパン 東京電力のスマートメーター遅延が拡大、最大2カ月も~]

遅延を解消するのが9月になるとの見通しですが、今後、小売電気事業者への切り替えが本格化
すれば、ますますスマートメーターへの交換は遅れると思われます。
何しろ数が多いのと、交換作業を請け負う業者が多くないという現状があります。

誰が交換作業をしているの?という疑問があるのも当然と言えます。専門の業者がいれば別です
が、スマートメーターの交換専門で請け負う業者が少ないからこそ遅れが出ているのではないか。
一般の電気工事業者が、他の仕事を後回しでスマートメーターの交換をする事があるのかどうか。

東北ではまだまだスマートメーターの交換はそれほど進んでいないらしく、交換業者はほぼ独占
状態になっていると聞いています。
地域の大手を経由し、その業者が関係する業者にだけ仕事が流れていくかもしれません。
急にスマートメーターへの交換が必要になった時、業者不足などの理由により遅れが出る事があ
り得る為、東京電力以外の電力会社でも他人事ではありません

さらに問題とされているのが、工事士など資格を持っていない者が交換作業を行っていたり、短
時間で交換を終わらせようと停電などのミスをしたりするケースがあり需要家にとって無視でき
ない事が起こっています。
安全かつ迅速に、電力自由化に伴うスマートメーターの交換は行って頂きたいと切に願います。

新スマートグリッド