電子部品メーカーのニチコンは「業界最大級」(同社)とする容量12kWhの家庭用ハイブ
リッド蓄電システム「ESS-H1L1」を開発した。停 電時も家中のほとんどの電気機器など
をバックアップできるという大容量と高出力機能を特徴とする。既に受付を開始してお
り、2016年7月以降順次出荷する予定だ。

電子部品メーカーのニチコンは、ハイブリッド型としては同社初となる家庭用蓄電シス
テムの新製品「ESS-H1L1」の受注をこのほど開始した。2016年7月以降順次出荷する予
定だ。同社は2012年夏に家庭用蓄電システムの第1号を発売して以来、国内向けに合計
約3万台以上の蓄電システムを生産・出荷してきた。これらの蓄電システムは、太陽光
発電からの電力を交流で入力する単機能型に分類されるもので、売電を主目的とする太
陽光既設ユーザーの追加設置需要に伴い実績を伸ばした。

しかし、売電価格は年々低下傾向の一方で電気料金は徐々に上昇傾向にあるため、今後
は太陽光発電を自家消費するニーズが高まるとみられている。
2009年に始まった余剰電力買取り制度から10年後となる2019年には、全国で45~57万
棟の売電終了ユーザーが発生するとみられ、蓄電システムの追加で売電から自家消費
への移行ニーズが期待されている。


また、今年度からCO2削減のためのZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)推進政策
や、既築住宅への断熱改修促進政策の中で、太陽光を自家消費するための蓄電システム
の補助制度も始まり、新築、既築住宅への蓄電システム設置のニーズも高まりつつある。


ニチコンはこれらの需要に応えるべく、太陽光発電による電力を迅速に蓄えて夜間にも
使え、停電時も家中ほとんどの電気機器などをバックアップ可能な、大容量・高出力ハ
イブリッド蓄電システムを今回発売する。

[引用元:スマートジャパン 住宅電力を丸ごとバックアップ、12kWhの大容量ハイブ~]

太陽光発電によって得られた電気を蓄電し自家消費するための蓄電池として、売電終了ユーザー
売電から自家消費への移行ニーズに合わせた商品として、今後、多くリリースされるでしょう。

現在、太陽光発電と蓄電池をセットで導入する方もいますが、初期費用がまだまだ高額になる為、
爆発的に広まっている訳ではありません。(リースなどで導入しやすいケースもあります)
しかし、売電終了ユーザーにとっては、せめて自家消費で家庭で電気代の出費を抑えたいと考え
る方はいる訳で、発電しているのに余ってしまう電気を貯めて使いたいと思うのは当然です。

業界最大級とする容量12kWh(キロワット時)のものを採用しており、入力、出力ともに住宅用
としては十分な容量と機能を備えており、月1,500台の販売目標を掲げる自信を伺えます。
発電設備+蓄電池のセットは、今後考えられるオフグリッド(独立電源=電力の自給)の可能性
を広げるものとして、電気代ゼロ円で暮らせる時代が来る日もそう遠くないかもしれません。

環境ビジネス 2016年夏号