企業の経費削減で福利厚生を充実させ健康経営をサポート|アイトレ|電気代・水道代削減|設備点検費削減|山形県の合同会社YCS

水道代節約

  • HOME »
  • 水道代節約

水道代+下水道代。高い水道代を見て、あなたは対策を取らず嘆くだけですか?

私は見過ごせません。ぜひ今すぐ連絡を下さい!

水道代を節約できる、有効で安価に取り組める節水方法をお教えます。

節水の目的は、主に二つ挙げられます。

1.水道料金の節約
・使用量を抑えられれば、水道代(下水道代)を節約できます。
※節水器の費用と、節約になる水道代の両方を考慮し費用対効果を狙います。

2.節水
・水を貴重なものとして扱い、渇水対策として使用量を抑えます。
※必ずしも費用対効果を考えず、わずかに水道代が高くなっても節水を重視します。

地域性、業種、施設やお店の事情、経営者の考え方などさまざまな要因で、
節水の目的は異なり、取り組み方も変わります。

YCSがお勧めする次世代節水装置JETは簡単で効果が大きいのが特徴です。

例えば介護施設のお風呂なら、シャワーヘッドに特殊な節水コマを取り付けるだけで、
水量を最大50%も減らしつつ、使用感を変えずに確実な節水を実現します。

今まであった節水コマタイプは、単純に水路を狭めるだけの節水コマだったので、
水量が少ないと使用感が変わるので、、蛇口を大きく開けてしまう等の問題が起こりました。

YCSがお勧めする世代節水装置JETは、節水コマ周辺の外気を効果的に取り込みます。
水量を減らしても、水の勢いは極端に落ちる事がないため、使用感がさほど変わらず、
マイナスイオンの発生も期待でき、1つの蛇口あたり最大50%もの節水が可能です。

シャワーヘッド

節水装置を取り付けたら、水の勢いがなくなって使用感が悪くなった。
水の勢いがないから、洗浄力が落ちて、ストレスがたまってしまう。
結局蛇口を大きく開けてしまい、節水になっているのかわからない。

YCSでご紹介する次世代節水装置JETなら、従来の節水装置の不満を見事に解消し、
使用感が変わらないのに節水を実現し、経費の節約と水資源の節約を両立させます。

トイレで使用する水を効果的に節約するには、センサ型節水器がおすすめです。

使用後に流す水量は大と小がありますが、意識せず大で流す人が多い傾向です。
センサ型節水器は、トイレに滞在した時間で大か小を識別し、適正な量の水を
流して洗浄するので、最大40%もの水を節約できます。

トイレ

フラッシュバルブ式のトイレなどに特に有効で、大小の流し分けをセンサで行うので、
意識せずに十分な洗浄を行い、節水と清潔を両立できます。

担当者直通|連絡用電話番号 TEL 080-9634-5707 電話受付:9:00~18:00[日祝除く]
メール:cost@ycs.co.jp 24時間365日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 合同会社YCS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.